売却時のトラブル

地主の許可をもらうというのが大前提ですが、地主の許可さえ貰えれば、借地権を第三者に売却する事ができます。ただし借地権というのは、土地や物件を売るのとは少し事情が違うので、借地権の売買経験が豊富な業者に依頼するのがポイントです。これはネットでも簡単に探せますが、依頼する場合は信頼と実績がある業者を選ぶのもポイントです。

借地人が借地権を持っていれば、地主であっても契約が有効な間は立ち退きを迫る事はできません。しかし地主が所有している土地を第三者に売却した場合は、少し事情が変わってきます。というのも借地権を持っている人が亡くなっても、相続人がいれば相続できますが、地主が変わった場合は、新しい地主は土地を明け渡すよう請求する事ができます。

これは借地名義と登記名義が異なる時に起こるトラブルです。借地人が借地に建てた建物を自分名義で登記している場合は、たとえ新たな地主でも立ち退きは強制できません。しかし土地の名義は父親、建物の名義は妻や子供と登記名義が違うと、新たな地主の方が強くなるので、最悪の場合は立ち退かないといけなくなります。

借地権を相続する場合、今後売却する予定があるというなら、借地人名義と登記名義は統一しておくのがおすすめです。