売却までの流れ

借地権を売却する際の流れを紹介しておきます。実際に借地権を売却するにあたり、この流れを知っているのと知っていないのとでは、いろいろ違いも出てきますし、トラブルの原因になる事もあります。流れを知っておけば、トラブルも未然に防げます。

まず借地権売却には、地主の許可が必要であり、これは絶対条件となります。借地権を売りたいと地主に願い出て承諾を得ます。この場合地主には2つのパターンがあります。立ち退いて欲しいと思っている場合は、快く承諾し地主が買取る事になります。しかし借地権を買取るにしてもまとまった資金が必要ですから、いくら地主でもすぐに買い取れる資金はない、しかし第三者の手に渡すつもりもない、このまま安定した地代が入ってくる事を望むというパターンもあります。

地主が借地権を買い戻すという場合は、それほど揉める事もなくスムーズに売却できます。しかし第三者に売却する場合は、誰でもいいというわけには行かず、買い取り価格なども妥当かどうか判断しなければいけません。仮に買取りたいという希望者が現れても、地主の許可なしに勝手に売却はできませんから、順を追って一つずつ進めていく事が大切です。第三者に売却する場合は、借地権の売却を得意とする不動産業者に依頼すると安心です。