借地権売却の条件

借地権は一度契約したら、契約満了になるまでその土地に家を建て住み続ける事ができます。契約は存続期間が過ぎても更新すれば、期間は延長されます。一般的に借地権の契約は30年以上と長期間に及びます。条件によりもっと長くなりますが、長期間の間に借地人が亡くなり、相続人が借地権を相続する事もあります。

借地権の相続に関しては、相続人であれば、地主の許可も契約書の書き換えも不要で、相続した事を通知するだけでOKです。しかし相続すると、相続人が地代を払う事になるため、必要があるならそのまま時代を払い続けるという選択もありますが、そうではない場合借地権を売却するという選択肢があります。

ただし借地権を売却するには条件がありますので、それをクリアしないと売却はできません。相続した借地権を売却したい場合は、地主の許可が必要です。これは絶対条件となりますので、地主の許可が貰えないかぎり売却はできません。もしも地主の許可なく勝手に売却した場合は、契約違反となり地主に土地を返還しなければいけません。これは相続人であっても拒否できません。

借地権を売却する場合は、地主が買い戻すか、第三者に売却するかのどちらかになります。これにも借地人と地主の話し合いが必要です。法律で決まっている事でも、実際には早く立ち退いて欲しいと思う地主は少なくないため、第三者への売却は認めず、買い戻しをするケースが多くなります。また第三者へ売却する場合は、専門の業者に依頼します。